ダイソーバーベキューシートを使ってみた!鉄板と比べて実際どう?

バーベキューをする時についでに焼きそばも!とかチャーハンも!
って盛り上がりますよね。

でも正直、焼きそばを作るためだけにバーベキュー用の鉄板を買うのはちょっともったいない気がしませんか?(うちだけ?)

だからといって安い鉄板を買ってしまうと一回使っただけでひん曲がったり…
安い鉄板って薄いからなのか熱で信じられないくらい曲がったり歪んだりするんですよね。
初めて買った鉄板はホームセンターで激激激安だったんですけど、たったの1回どころか鉄板をあたためて焼きそばの麺を入れる頃には歪んでました…涙

そんな経験をした我が家ではバーベキューで焼きそばを作る時に鉄板を使ってません。
使っているのはダイソー「バーベキュー便利シート」です。

バーベキューダイソー


こんなので焼きそば作れるの?焼きそばは鉄板でしょ!
って言ってた夫ですが、準備も後片付けも楽だから使いまくってます。笑

シートタイプなので丸めておけば場所を取ることも無く持ち運びしやすいし、ちゃんと焼きそばも作れてすっごく便利なんですよ。

ただメリットばかりなのかといえばそうではなくてデメリットもありますし、ダイソーやキャンドゥなど種類も違います。

ダイソーバーベキューシートのメリット、デメリット、バーベキューシートごとの比較などそのあたりを詳しくご紹介します!

 

ダイソーバーベキューシートのメリット・デメリット

すっごく便利なバーベキューシートですが、メリット・デメリットを詳しくご紹介していきます。

<メリット>
・軽くて畳めるから持ち運びしやすい
・焦げ付きにくい
・準備も片付けも楽

<デメリット>
・直火では使えない
・火力が鉄板よりも弱い
・焼き網が必要

バーベキューシートのメリットデメリットは大きく分けるとこのようになります。

 

メリット1 軽くて畳めるから持ち運びしやすい

アウトドアやキャンプをする時って、できるだけ荷物を厳選して持って行きますよね。

バーベキュー道具だけではなく、他にも必要なものがたくさんあります。
あれもこれも持って行くと、車に乗り切れなくなります。
(我が家はコンパクトカーなので特に荷物の厳選は必須 汗)

バーベキュー用の鉄板というのは重さもありますし場所も取るので軽くて畳めるのであればそれに越したことはないと思います。
ただ、このバーベキューシートは軽いだけに風には弱いので、風の強い火には簡単に飛ばされてしまいます。

風の強い日は、メタルクリップ(ダイソーに売ってます♪)を使って固定してあげれば全く問題ありません。

バーベキュークリップ

メリット2 焦げ付きにくい

焦げ付きにくいシート
バーベキューシートはフッ素加工になっているので焦げ付きにくいのが魅力的です。

フッ素加工のフライパンのように食材がくっつきにくいので、焦げずに美味しく焼くことができます。

目玉焼きもきれいに焼けますよ♪
目玉焼き

鉄板でもしっかりとシーズニングをして脂もたっぷり引いておけば焦げ付きにくいですが、初心者がバーベキューで鉄板を使うと肉や麺がこびりついて大体焦がしちゃいますよね。

バーベキューシートならそのような焦げ付きのリスクが低いので安心です。
ここだけの話、実は焦げてパリパリになった焼きそばも個人的には好きです♪

メリット3 準備も片付けも楽

片付けらくらくシート
洗い場などの水場が整備されているキャンプ場であればいいのですが、そうでなければ汚れたフライパンをそのまま持ち帰らなければなりません。

その点、バーベキューシートならくるくる丸めてビニールに入れるだけで後片付けは完了です。

洗剤を使わず洗わなくても持って帰れるのはかなり魅力的ですよね。
我が家は海でバーベキューをすることが多いので、洗い場などはありませんし、洗剤で洗いものをしてその水を海に流すなんてこともできません。

後片付けが簡単なのも、バーベキューシートを使っている大きな理由の一つです。

次にデメリットです。

デメリット1 直火では使えない

シート詳細
バーベキューシートは直火では使えません。
メラメラと炎が上がっている状態で、その炎がシートに直接あたらないようにしなければなりません。

つまり、炭に完全に火が移っている状態で使用することになります。
火力を強くしたいからといってフーフーすると炎が上がってシートに触れてしまいます。

炭火の火力が安定した状態で使うので、炭火の扱いに慣れていないと最初は「あー!シートに火が触れてる!今度は火が弱い!!」
と大騒ぎしなければならないかもしれません。

デメリット2 火力が鉄板よりも弱い

鮭明太
直火では使えないということもあり、どうしても鉄板に比べて火力は弱くなってしまいます。

炭火は長時間一定の火力で食材を調理する時には適していますし、少し空気を入れてあげると火力が上がります。

ただ、直火で使えない以上は、火力を上げられないので鉄板よりも調理に時間がかかります。

デメリット3 焼き網が必要

焼き網が必要
このシートは紙のようにペラペラですので、焼き網が必要になります。
焚き火台で直接使う場合や、バーベキューコンロを使う時にも網の上に敷くことになります。

せっかく鉄板を準備しなくてもいいのに網をつかわなきゃいけないなんて意味なくない?と思うかもしれませんが、鉄板に比べたらかなり荷物は減りますよね。

焼き網も直接食材を置くわけではないので汚れないから大きなデメリットではないと思います。

ちなみに、ダイソーで売られているこの焼き網は、ダイソーのバーベキューシートとサイズ感はピッタリです。
これなら焚き火台でも使えるので、ソロキャンプなどにもおすすめですよ!

ダイソーとキャンドゥのバーベキューシートで違いは?

我が家で使ったのはダイソーのバーベキューシートと、キャンドゥのバーベキューシートです。

ほとんど同じ商品なのですが、ちょっとだけ違いがあったので書いておきますね♪

ダイソー


「ダイソーのバーベキュ便利シート」はキャンドゥのものに比べると薄くてペラペラしています。

でもトングやヘラでガシガシ調理しても穴があくようなことはありませんし、安心して使えますよ!

サイズは30㎝×30㎝で、ダイソーで販売されている焼き網とサイズ感が丁度良いので購入時には便利です。

キャンドゥ

持ち運び便利シート
キャンドゥの商品は「グリルシート」という名前です。
30㎝×25㎝なので、ダイソーのバーベキューシートに比べてサイズが大きく、厚みもあります。

より広々と調理に使うことができますよ。
ただ、ダイソーの商品に比べて熱の伝導効率が良いかといえばそこまで違いは感じませんでした。

ダイソーバーベキューシートの類似品

そのほかにも、ニトリでは「BBQシート」が2枚499円で売られていますし、DCMブランドからは「バーベキューメッシュマット」が1枚217円で売られています。
ニトリ、DCMともに40㎝×33㎝です。

LOGOSやキャプテンスタッグからはアルミホイルタイプのバーベキューシートが販売されています。

 

まとめ:ダイソーバーベキューシート1回使うとその便利さに驚くはず

これまでバーベキューは網と鉄板だったという人からすると、バーベキューシートで焼きそばなどを作るというのは抵抗があるかもしれません。
私もそうでしたが、使ってみるとその便利さに本当に驚きますよ。

まずはちょっとお試しで使ってみたい、という時に100均のバーベキューシートを使ってみてはどうでしょうか。