新型コロナウイルスで福岡ホテルキャンセルできる?キャンセル料払わずに済む方法

新型コロナウイルスの影響で、福岡県内の様々なイベントが中止、延期となっています。

WANIMAのマリンメッセ福岡コンサートでコロナウイルス感染者の来場があったと公表しています。

コンサート、スポーツなど様々なイベントのために、福岡でホテルを予約していたものの、キャンセルしたい時、キャンセル料が発生します。

でも、キャンセル料の支払いを免れる方法もあります。

では、キャンセル料を支払わずに済む方法についてご紹介します。

福岡のホテルのキャンセル料相場は?

ホテルのキャンセル料は、宿泊料金の何%となることが多いです。

いくつか例をあげてみます。

・ホテル 福岡ガーデンパレス
キャンセル料は宿泊日前日より50%、当日は100%発生します。

当日連絡せずに宿泊しなかった場合にも100%支払うことになります。

・ホテルマイステイズ福岡天神
不泊の場合には宿泊金額の100%、当日のキャンセルの場合宿泊金額の80%、前日のキャンセルは宿泊金額の20%となります。

・ホテル日航福岡
前日に連絡をすると20%、当日連絡の場合には80%、連絡がなく利用もない場合には100%となります。

プランによってキャンセル規定が異なることもありますので、事前に確認をしておいてください。

・コートホテル福岡天神
前日からキャンセル料金が発生します。

前日だと宿泊料の20%、当日は宿泊料の80%、不泊は宿泊料の100%となります。

福岡のホテルではキャンセル料は絶対払わなければならない?

キャンセル料金の支払いを求められているのであれば、支払う必要があります。

風邪をひいた、旅行がキャンセルになった、仕事が入ったなどどんな理由であってもキャンセル料金の支払いが必要だとそのホテルが決めているのなら仕方のないことです。

ただ、実は例外もあります。

例えば、インフルエンザや新型コロナウイルスのように、宿泊することで従業員をはじめ他の宿泊客にウイルスを感染させてしまう可能性がある場合です。

新型コロナウイルス、インフルエンザなど感染を拡げてしまう可能性があるのなら、キャンセル料は支払わずに済む場合もあります。

SNSでもキャンセル料支払わずに済んだ喜びのつぶやきが

ただ、キャンセルできなずに怒り心頭の方もいます…

どちらかというと、キャンセルはできないという場合が多いですが、ダメ元でコロナウイルスが理由でキャンセルするという旨を伝えてみてください。

北九州マスク在庫【2020年3月速報】マスク北九州の入荷店舗と在庫状況!売り切れはいつまで?穴場は? 福岡のマスク在庫状況2020年3月速報!マスク福岡の入荷店舗と在庫状況!いつまで売り切れが続くの?