福岡市の夜の動植物園体験レポ。混雑や出店なども詳しく紹介

夜の福岡市動植物園

夜の動植物園の開催は、8月と9月中旬までの土曜日のみ(9:00から21:00)です。

2019年は8月3日、10日、17日、24日、31日、9月7日、14日。

実際に体験したからこそわかる、「夜の動植物園へ行く前にチェックすべきポイント」をまとめました。

[福岡]夜の動植物園の駐車場

17時過ぎに駐車場に着いたときは、立体駐車場に3台ほど空きありでした。

福岡市夜の動植物園の駐車場

植物園側の駐車場も空きはありました。

[福岡]夜の動植物園の口コミ体験レポ

夜の動植物園でも入場料は、大人600円・高校生300円・中学生以下無料です。

正門入場口前では、動物サポーターを募集していました。

福岡市動植物園のサポーター募集

寄付金1,500円以上で、1年間入園料が無料のパスポートが発行されます。

年間3回以上、福岡市動植物園へ行くのであればお得です。

我が家も年間パスポートを持っています。

福岡市動植物園の年間パスポート

 

正門入場口付近の部屋では、ワークショップが開催されていました。

日によって、ワークショップの内容は異なるようです。

今回は無料のワークショップでしたが、過去には有料(300円)もありました。

福岡市夜の動植物園のワークショップ

ワークショップは16時からですが、13時から整理券を配布しています。

参加される方はお早めに。

 

正門入り口付近でくじ福袋(1回1,000円)、うちわやカチューシャ、メガネなどの光るおもちゃ(各500円)を販売していました。

福岡市夜の動植物園のくじ

光るおもちゃは持っている人がほとんどいなかったので、あまり人気ないようです。

その他、冷たいたい焼きも販売していました。

福岡市夜の動植物園のたい焼き

冷たくて甘さも控えめだったので美味しかったです。

 

スポットガイド

スポットガイドは時間が決まっています。

福岡市夜の動植物園のスポットガイド予定表

18時から開始されるキリンのガイドスポットに行ってきました。

キリンのところには、30人ほど集まっていました。

福岡市動植物園のキリン

時間になると、スタッフさんがキリンについて説明してくれます。

ただ、マイクがないため離れていると声がほとんど聞こえません。

福岡市夜の動植物園のキリンスポットガイド

薄暗くなるとライトが点灯します。

福岡市夜の動植物園のライト

こども動物園

18時半まではモルモットに触れ合うことができます。

福岡市夜の動植物園のふれあい

観覧車近くにある旧動物科学館では、綿菓子やスムージーを販売していました。(日替わり)

福岡市夜の動植物園の綿菓子販売
福岡市夜の動植物園のスムージー販売

 

滑り台などの遊具は閉鎖されていました。

福岡市夜の動植物園の遊具

18時半ごろは、観覧車やメリーゴーランドはまだ動いていました。

福岡市夜の動植物園の観覧車

植物園

植物園へつながるスロープカーは混雑気味でした。

数分待つだけで乗れますが、中は身動きが取れないほど。

福岡市夜の動植物園の満員スロープカー

日没前(19時前)は、5分ほど待つだけで乗れたナイトトレイン。

福岡市夜の動植物園の日没前ナイトトレイン

しかし日没後は、行列ができ20分ほどの待ちでした。

福岡市夜の動植物園のナイトトレインの行列

1人300円で2歳以上から有料です。

小学生ぐらいになると子供だけで乗っていました。

スピードは、大人が歩くのと同じくらいです。

ライトアップされたナイトトレイン

植物園入り口には、キッチンカーが並んでいました。(日替わり)

福岡市夜の動植物園のキッチンカー

たこ焼き、餃子、チャーハン、ポテト、から揚げ、かき氷など。

福岡市夜の動植物園のポテト販売
福岡市夜の動植物園のチャーハン販売

ポテから(500円)を購入しましたが、揚げたてで美味しかったです。

ケチャップも無料でもらえます。

福岡市夜の動植物園のポテから

19時半ごろには大行列でした。

福岡市夜の動植物園のキッチンカーの行列

キッチンカーの横には、募金コーナーがあり300円以上募金すると提灯がもらえます。

福岡市夜の動植物園の募金

これが結構人気で、多くの子供たちが提灯を持っていました。

福岡市夜の動植物園の提灯

 

植物園の人気スポットは、夜にしか咲かない花です。

福岡市夜の動植物園の夜にしか咲かない花

咲く瞬間を見ることができるので、多くの人が集まっていました。

福岡市夜の動植物園の夜にしか咲かない花の混雑具合

見頃は日没までとのこと。

 

植物園奥にある展望台では、バーベキューを楽しめます。

福岡市夜の動植物園のバーベキュー

20時半まで夜の動植物園を楽しみましたが、帰りは混雑することなくスムーズでした。

[福岡]夜の動植物園のまとめ

本記事は「福岡市の夜の動植物園体験レポ。混雑や出店なども詳しく紹介」について書きました。

普段とは違った雰囲気の夜の動植物園は、子供も大人も楽しめました。

ただ日没後には、寝ている動物も多かったです。

夏だけの夜の動植物園を楽しんでくださいね。